MENU

転職エージェントのメリット・デメリット|上手な活用方法も

転職を成功させるために、転職エージェントの活用を検討する人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントを上手に活用することで、転職をスムーズに進めることができたり、企業との交渉によって好条件で内定をもらえる可能性があります。

今回は、そんな転職エージェントのメリット・デメリットについてご紹介します。

上手に活用して転職を成功に導きましょう。

転職エージェントを利用するメリット・デメリットとは?

転職エージェントを利用するにあたって、メリット・デメリットを押さえておくことはとても大切です。デメリットを知っておけばリスクの回避につながり、メリットを知っておけば上手な活用ができるからです。

また、メリット・デメリットの前に転職エージェントがどのような仕組みになっているのかも知っておきましょう。

転職エージェントは、転職希望者と企業をマッチングさせる役割を担っており、企業が求める人材と、転職希望者が望む仕事内容・条件などが合ったときに会社を紹介する仕組みです。そして、入社が決まった場合に企業から転職エージェントに紹介手数料が支払われるので、基本的に転職希望者が転職エージェントに対して支払う料金が発生することはありません。

転職エージェントのメリット

企業と転職希望者をマッチングさせる転職エージェントを利用することで、さまざまなメリットが期待できます。

登録前にメリットを理解しておくことで、転職エージェントを利用して転職するモチベーションを上げてくれるでしょう。ここでは、転職エージェントを利用するメリットを5つご紹介します。

  1. プロのキャリアアドバイザーに相談できる
  2. 好条件の非公開求人を紹介してもらえる
  3. 履歴書や職務経歴書を添削してもらえる
  4. 面接対策をしてもらえる
  5. 企業との面接日程調節・給与交渉をしてもらえる

一つずつ、詳しく解説していきます。

1.プロのキャリアアドバイザーに相談できる

転職エージェントなら、プロのキャリアアドバイザーに相談できるというメリットがあります。

転職活動をするうえで、「どのようなキャリアを積みたいか」「キャリアアップするにはどの企業がいいのか」など、キャリアについて悩む方も多いのではないでしょうか。

実際に、転職を検討する理由としてキャリアアップをあげる人は少なくありません。しかし、キャリアアップできる企業の選び方や、転職活動の進め方がわからず悩んでしまうことが多いです。

そんな時は、プロのキャリアアドバイザーに相談をすれば、転職希望者のキャリアプランに合った提案をしてくれます。

自分で悩んでいる間に、良い条件の求人はどんどんなくなっていく可能性があります。しかし、転職エージェントを利用することで悩みを早期に解決できるので、良い求人を見つけやすくなるでしょう。

2.好条件の非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用すると、好条件の非公開求人を紹介してもらえるというメリットがあります。非公開求人とは、その名の通り「一般的に公開されていない求人」です。

非公開求人の多くは、高待遇求人や希少な職種の求人となっています。誰でも応募できる公開求人として掲載せずに、転職エージェントでこれはという人にだけ紹介することで応募者の精度を高めているのです。

このような非公開求人は、転職エージェントに登録することで紹介してもらうことができます。

3.履歴書や職務経歴書を添削してもらえる

履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえることも、転職エージェントを利用するメリットの一つです。

多くの企業では、書類選考を行い履歴書や職務経歴書をチェックします。書類選考を通過すると面接に進めるという流れになるので、転職を成功させるための第一歩ともいえる重要なポイントです。どんなに優秀な人でも、適当な履歴書や職務経歴書では書類選考を通過することはできません。

だからこそ、書き方や自己PRに悩む人は多いので、転職のプロによる添削やアドバイスをしてもらえることは大きなメリットとなるでしょう。

4.面接対策をしてもらえる

転職エージェントによるメリットには、面接対策もあげられます。

書類選考を通過したら、次はいよいよ面接です。面接では一般的な質問はもちろんのこと、業界・業種ならではの質問も少なくありません。

面接でしっかり自己PRできるか、求められる回答をできるか不安な人は多いです。そのため、転職エージェントによっては面接が不安な方に模擬面接を行うことがあります。

また、面接の結果に対してフィードバックももらえるため、次に活かすこともできるのです。

5.企業との面接日程調節・給与交渉をしてもらえる

転職エージェントを利用すると、必要に応じて、企業との面接日程の調整や給与交渉の代行が依頼できます。

転職面接は企業の営業日である平日に実施されることがほとんどで、仕事をしながら転職活動をする人にとってスケジュール調整は悩みの種です。そんな時に、転職エージェントが間に入ってスケジュールの調整を行ってくれます。

また、転職先を決めるにあたって年収の希望を持っている人も少なくありません。

給与のことはなかなか自分から企業に言い出せないものですが、転職エージェントが間に入ってくれるので交渉がスムーズになります。内定後の手続きを代行してくれる転職エージェントもあり、企業探しから入社まで一通りのサポートを受けることができるでしょう。

転職エージェントのデメリット

前述したように、転職エージェントには多くのメリットがあります。

しかし、メリットだけを全面的に信じて利用することはおすすめできません。デメリットを知っておくことで、思っていたのとは違った……などといったトラブルを最小限に抑えることができるでしょう。

ここでは、転職エージェントのデメリットを4つご紹介します。

  1. 想定よりもサポートが薄いと感じる場合がある
  2. 自分の希望を通せないことも
  3. エージェントを間に挟むため自分のペースで進められない
  4. サポート期間が決まっている場合は急がされることも

デメリットをきちんと理解したうえで、自分にぴったりの転職エージェントを見つけましょう。

1.想定よりもサポートが薄いと感じる場合がある

転職エージェントを活用しても、実際の転職活動は全て自分でやる必要があります。企業選び・書類作成・応募・面接・内定後の手続きなど、やるべきことは多いです。

転職エージェントはあくまで、自身で行うの転職活動をサポートしてくれる存在であるということを理解しておきましょう。履歴書や職務経歴書の作成までサポートの範囲内だと思っていると、実際のサービス内容に物足りなさを感じてしまう場合があります。

中には、サポート範囲がごくわずかで、企業選びから自分でやらなければならないエージェントサービスもあるため、注意が必要です。

働きながら転職活動したい人にとっては、十分な時間が取れずデメリットになるでしょう。

2.自分の希望を通せないことも

転職エージェントによっては、エージェント会社の成約制約目標や担当者自身のノルマ達成転職希望者に内定が出ることだけを目的とした企業選びを行い、転職希望者自身の希望を通せないこともあります。

例え内定をもらえたとしても、年収や職種・役職の希望が通らなければ転職を成功させたとはいえないでしょう。転職エージェントを利用したことによって妥協するというのは避けたいところです。

3.エージェントを間に挟むため自分のペースで進められない

エージェントを間に挟むため、自分のペースで転職活動を進められないというデメリットもあります。

エージェントと企業との連絡のやり取りがある分、自分が思っていたよりも展開が遅くなることも珍しくありません。そのため「いつまでに転職したい」という希望があれば、先に伝えておくとスムーズです。

日程の締切をこちらから提示しておけば、大きなデメリットにはなりにくいでしょう。

4.サポート期間が決まっている場合は急がされることも

サポート期間が決まっている場合は、転職を急かされる場合があるのもデメリットといえます。転職エージェントでは、サポート期間を「登録から3ヵ月」と決めていることが多いです。もう少しじっくり検討したいと思っても、決断を早めるように急かされて妥協することのないよう注意してください。

転職エージェントを利用する場合は、転職をすぐに希望するときに利用するのがおすすめです。

転職エージェントの利用に向いている人とは

ここまでご紹介したメリット・デメリットから想像がつくかもしれませんが、転職エージェントの利用には、向いている人と向いていない人がいます。

ここでは転職エージェントの利用に向いている人の特徴を3つご紹介します。

転職エージェントの利用を検討している方は、自身が当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

転職活動についてしっかり相談に乗ってほしい人

転職活動についてしっかりと相談に乗ってほしい人は、転職エージェントの利用が向いています。

キャリアアドバイザーは転職のプロであり、転職の進め方や業界・業種に関する情報を熟知しています。転職活動をしていく中で生まれた疑問などを相談できるため、キャリアプランも含めてしっかり相談したいのであれば転職エージェントの利用がおすすめです。

未経験分野への転職を目指している人

未経験分野への転職を目指している人も、転職エージェントの利用が向いているといえます。未経験分野への転職で悩みがちなのが「未経験でもOKか」「どのようにPRすればよいか」という点です。

転職エージェントでは多くの非公開求人をもっており、その中には未経験でも応募可能な求人も少なくありません。自分で探してもなかなか見つからない「未経験歓迎」の求人を紹介してもらえる可能性があります。

また、応募書類や面接の相談もできるため、未経験分野への転職活動も自信をもって臨めるでしょう。

働きながら効率よく転職活動したい人

転職エージェントの利用が向いている人には、働きながら効率よく転職活動したい人もあげられます。

現在の仕事を続けながら転職活動をすることは、今や珍しいことではありません。その場合は、仕事と転職選考のスケジュールを調整しながらの活動になるでしょう。

前述したように転職エージェントは企業との日程調整をしてくれるというメリットがあり、仕事をしながらの転職活動がやりやすくなります。

転職エージェントの利用が向いていない人とは

ここで、転職エージェントの利用が向いている人の特徴をご紹介いたしました。

一方、転職エージェントの利用が向いていない人がエージェントサービスを利用すると、思うような結果を出せないこともあるでしょう。

ここでは、転職エージェントの利用が向いていない人の特徴を3つご紹介します。

もし向いていない人の特徴に当てはまっているのであれば、転職エージェントを利用せずに、転職サイトや職業相談所を活用して転職活動をした方が効果的かもしれません。

自分のペースで転職活動したい人

自分のペースで転職活動をしたい人には、転職エージェントの利用は向いていません。

前述したように、転職エージェントはサポート期間が決まっており、その期間中に転職活動を進めて行きます。そのため、自分としては半年間ほどかけて転職活動をしたいと思っていても、サポート期間の関係で急かされてしまうことがあります。

また、キャリアアドバイザーからの電話やメールでの連絡が頻繁にあり、自分のペースで転職活動をしたい人にとって煩わしさがあるかもしれません。

転職に関して受け身すぎる人

転職に関して受け身すぎる人も、転職エージェントの利用に向いていないといえます。転職は自らの意志で行動することが成功の鍵です。担当エージェントの言われるがままに転職活動をしていると、エージェントにとってのノルマ消化のために貴重な転職機会が消費されてしまいます。

キャリアアドバイザーからの案内に従って活動するだけでは、いい結果を得られないでしょう。転職エージェントを利用しているから何もしなくて大丈夫だと思って受け身になるのではなく、自らの行動が必要ということです。

受けたい企業が決まっている人

転職エージェントの利用が向いていない人には、受けたい企業が決まっている人も上げられます。そもそも受けたい企業が決まっているので、非公開求人の紹介は必要ありません。希望する企業が求人を出していれば、自分で応募することが可能です。

受けたい企業が決まっている状態でも、転職エージェントから別の企業を紹介されることもあります。いくつかの選択肢があるのは決して悪いことではありませんが、自分の中で「絶対にこの企業がいい!」と決まっているのであれば、転職エージェントの利用は必要ないかもしれません。

転職エージェントの上手な活用方法

転職エージェントを利用するのであれば、上手に活用して転職を成功させたいですね。

ここでは、転職エージェントの上手な活用方法をご紹介します。

エージェントサービスを利用すれば必ず内定が決まるというわけではありません。デメリットも踏まえて、上手に活用することが大切です。

「大手のサービスが必ず良い」とは限らない

転職エージェントと一言でいっても、多くのエージェントサービスが存在します。全国展開のものから地域限定のものまであり、どこがいいか迷う人もいるでしょう。

このように、たくさんのサービスが出てきた場合、大手の会社であれば大丈夫だろうと思って、まずは大手を選ぶ場合が非常に多いです。

しかし、エージェントサービスを上手に活用するためには、「大手のサービス」を基準に選ばないことをおすすめします。

よく見聞きする大手の転職エージェントなら、何となく安心なイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

もちろん、大手でも自分に合えば問題なく転職を成功させることができるでしょう。

しかし、大手だからといって自分に合っているとは限りません。

大手転職エージェントゆえのデメリットも存在します。例を挙げると、

  • 1人の担当者が抱える転職希望者の数が多く、一人ひとりに対して親身な対応が取れない
  • 転職エージェントとしての経験が浅い新人や入社数年目の社員が担当となってしまい、応対技量に不満を感じてしまう

といった点です。

有名かどうかよりも自分に合うサービスを選ぶようにしましょう。

総合型と特化型の2つを上手く使い分けよう

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2種類があります。総合型はその名の通りあらゆる業界・業種を扱うエージェントサービスです。

一方、「特化型」は特定の業界を得意としています。IT業界や医療・福祉業界など、特定の分野に絞ることでより専門的なエージェントサービスを展開しています。

もちろん、キャリアアドバイザーもその分野に精通しているため、より深いアドバイスが得られる可能性がありますが、総合型の方が業界・業種が広い分、扱う求人数は多いです。

まずは、複数の転職エージェントに登録して担当者に話を聞いてみると、自分に合った求人を見つけやすくなるでしょう。

自分からエージェントに連絡を入れる

転職エージェントを活用する際には、自分からエージェントに連絡を入れることも大切です。

エージェント側で抱えているユーザー数が多いと、なかなか連絡が入らないこともあります。連絡を待つよりも自分からアクションを起こすと、よりスムーズな転職活動ができるでしょう。

キャリアアドバイザーとの信頼関係を築く

転職エージェントを活用して行う転職活動は、キャリアアドバイザーとの信頼関係や相性が重要です。自分の希望をしっかりと受け取ってもらえず、キャリアアドバイザーの意見を強引に通されたというトラブルも少なくありません。

希望する求人を紹介してもらえないなどのトラブルがあれば、担当者を変更してもらうことも検討しましょう。

また、担当者の変更ができない転職エージェント会社であれば、会社ごと変更しても問題ありません。その際は、事前にどんな相談をしていたのか、目星を付けていた会社はどこなのかをまとめておくと、引き継ぎがスムーズに行えるでしょう。

まとめ

今回は、転職エージェントのメリット・デメリットについてご紹介しました。

転職エージェントにはそれぞれ特色があり、中には自分に合わないと感じるエージェントもあるでしょう。そのような時は、複数の転職エージェントを登録してみたり、思い切って他の転職エージェントに変えてみるのも手段の一つです。

まずは自分にぴったりな転職エージェントを見つけたい、エージェント選びで失敗したくないという方のために、転職エージェント専門の紹介サービスもあります。

良いエージェントとの出会いが、転職を成功させる第一歩です。初めての転職で不安な方は、プロの視点で自分にマッチする転職エージェントを提案してもらいましょう!

チャレンジャー応援企業

激動の時代、企業も個人も、生き残っていくためには新たなことにチャレンジし続けることが必要不可欠です。
我々は、企業や個人の方々のチャレンジの原子を大切にし、気持ちよく新たなことに取り組めるよう、背中を押す企業でありたいと考えています。

商号 株式会社Atom
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋5-12-11
天翔新橋5丁目ビル 302
代表者 代表取締役社長 齋藤卓哉
チャレンジャー応援企業について