MENU

転職エージェントに「見捨てられる」ってホント!?真相と対策を解説

転職エージェントを利用してみたいとは思いつつも、「転職エージェントに見捨てられたらどうしよう」という不安を抱えてはいませんか。

転職は期待もあり、不安も大きいものです。それなのに転職活動の強い味方であるエージェントに見捨てられるという話を聞いたら、さらに不安になるのも無理はありません。

今回は、転職エージェントに見捨てられるという噂の真相や、見捨てられないためにできることを詳しくご紹介します。

自分に合った転職エージェントを見つける方法もご紹介しますので、ぜひエージェントサービスを選ぶポイントとしてご覧ください。

転職エージェントに見捨てられることってあるの?

「転職エージェントに見捨てられた」という話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。そのような話を聞けば、誰だって不安になるのも無理はありません。

今や「転職を成功させたいなら転職エージェントに相談しよう!」と言われるほど、転職活動において転職エージェントは頼りになる存在となっています。

しかし、事実として転職エージェントに見捨てられることはあり得ます。転職エージェントに見捨てられるのは噂ではないということです。

転職エージェントに見捨てられるとどうなるのか、そしてなぜ見捨てられるのかなど詳しくみていきましょう。

転職エージェントから見捨てられるとどうなる?

転職エージェントに見捨てられるとはいっても、具体的にどうなるのか気になる方は多いのではないでしょうか。

ここでは、転職エージェントから見捨てられることで起こり得る3つのパターンをご紹介します。

紹介される求人数が少なくなる

転職エージェントから見捨てられると、紹介される求人数が少なくなることがあります。

「非公開求人」を紹介してもらえることが、転職活動で転職エージェントを活用する大きな目的の1つです。

非公開求人は好待遇・希少求人など、転職希望者にとって多くのメリットがあります。そんな非公開求人は、転職エージェントに登録しないと閲覧できないのです。

しかし、何からの理由で見捨てられてしまうと紹介される求人数が減り、転職の幅が狭まってしまいます。

担当エージェントから連絡が来なくなる

転職エージェントから見捨てられると、担当のエージェントから連絡が来なくなる場合もあります。

紹介される求人数が減るどころか連絡が来なくなるため、転職に関する相談もできなくなってしまうでしょう。

転職エージェントに登録した当初は、電話やメールなどを使って頻繁に連絡が来ることが多いです。それが徐々に減り、全然連絡が来なくなることは、実は珍しいことではありません。

求人に関する希望が通らなくなる

求人に関する希望が通らなくなることも、転職エージェントに見捨てられると起こり得ることです。

転職先を検討するとき、やりたい仕事だけでなく年収・待遇・福利厚生などを条件にする人は少なくありせん。

これらも含めて求人に関する希望であり、そんな多くの希望に合った求人を紹介してくれるのが転職エージェントです。

また、転職エージェントは転職者の希望を企業に伝えて調整するという役割を担っています。

転職エージェントに見捨てられると、こういった希望が通らなくなったり、調整をしてもらえなくなってしまうのです。

見捨てられてしまう原因とは

転職エージェントに見捨てられると、転職エージェントを活用するメリットがなくなるどころか、転職成功への道が遠ざかってしまうリスクがありす。

それでは、なぜ見捨てられてしまうのでしょうか。転職エージェントに見捨てられてしまう原因を3つご紹介します。

紹介できる求人が無い

転職エージェントが見捨てられる原因の1つに、紹介できる求人が無いことがあげられます。

転職先への条件が厳しすぎたり、キャリアに合わない企業を希望したりすると、転職エージェントは最適な求人の紹介ができません。

条件や希望があるのは当然のことですが、あまりに現実離れしていると転職エージェントは対応しきれなくなってしまいます。

「ただ登録をしているだけ」と思われている

転職エージェントに見捨てられてしまうケースでは、「ただ登録をしているだけ」と思われていることも多いです。

下記のような場合、「登録しただけ」と思われることがあるので注意しましょう。

  • 電話に出ない
  • メールの返信がない
  • 転職時期が曖昧
  • 転職について明確な希望がない

これらは転職の意志が低いと見なされてしまいます。

エージェント側は、転職の意志が低い登録者には時間をかけられないと判断し、結果的に連絡や求人の紹介が減ってしまうのです。

書類や連絡に不備が多い

書類や連絡に不備が多いことも、転職エージェントに見捨てられる原因になり得ます。

担当エージェントがやり取りをするのは転職希望者だけではありません。転職希望者と企業との架け橋になるのが転職エージェントで、連絡や書類提出などは信用に関わることです。

それなのに「期日までに連絡がない」「書類に不備があって受理できない」となれば、転職エージェントの信用に関わってしまいます。

そのため、連絡や書類の不備には注意が必要です。

なぜ転職エージェントが見捨てることがあるのか

転職エージェントは転職希望者と企業の橋渡しをするのが役割です。それなのに、なぜ転職エージェントが転職希望者を見捨てることがあるのか気になる方は多いでしょう。

そこには、転職エージェントの仕組みが大きく関係しています。転職エージェントが転職希望者を見捨てる理由を2つ押さえておきましょう。

ふさわしくない人材は企業に紹介できない!

転職エージェントが転職希望者を見捨てる理由の1つに、ふさわしくない人材は企業に紹介できないことがあげられます。

転職希望者が望む条件に合った企業を探し、転職希望者と企業をマッチングさせるのが転職エージェントです。

反対に、企業が望む人材を見つけて紹介しているともいえます。そして、入社が決まると企業から転職エージェントに紹介料が支払われるという仕組みです。

転職希望者は転職エージェントを無料で活用できますが、企業には紹介料が発生します。そのため、企業にふさわしくない人材を紹介するわけにはいきません。

万が一「連絡や書類に不備がある」「明らかにマッチしていない」人材を紹介すると、企業との信頼関係に影響を及ぼしかねません。

紹介するに値する人材の転職に尽力をする

転職エージェントの多くは、紹介するに値する人材の転職活動に尽力したいと思っています。

前述したように紹介料を支払う企業との信頼関係も理由としていえることです。

さらに、「やる気がある」「本気で転職活動をしている」「キャリアアップを応援したい」というような転職希望者に尽力する方が転職エージェントにとってのやりがいにつながるでしょう。

そんななかで、転職の意志を感じられなかったり、連絡がなかなか取れなかったりする人材に時間をかけることは難しいです。

そのため、紹介に値しないと思う人を見捨てるしかなくなってしまいます。

転職エージェントに見捨てられないためには

「転職エージェントに見捨てられたらどうしよう…」と不安になる方もいるのではないでしょうか。

自分ではそのつもりはなくても、転職エージェントに見捨てられるような行動を取ってしまうことがあるかもしれません。

そのようなことにならないように、転職エージェントに見捨てられないためにできることを押さえておきましょう。

転職活動に意欲的であることを示す

転職エージェントに見捨てられないために、転職活動に意欲的であることを示しましょう。

前述したように、転職の意志が低いと思われると見捨てられる可能性があります。「いつまでに」「こういった条件で」「今後のキャリアプランは」など、具体的な話を出せば意欲が伝わる可能性が高いです。

ぜひ希望をしっかりと伝えて、転職の意欲があることを転職エージェントにアピールしましょう。

最低限のマナーを守る

最低限のマナーを守ることも、転職エージェントに見捨てられないために大切なことです。

最低限のマナーとは、社会人として身につけておきべきマナーと捉えてください。例えば、下記のようなものがあげられます。

  • 時間を守る
  • 連絡をする
  • 清潔感のある服装をする

面接の時間に遅れたり、TPOに合っていない服装で面接を受けたりするのはマナー違反です。

企業への印象も悪くなり、それが転職エージェントから見捨てられることにつながりかねません。

もしも面接マナーなどで不安なことがあれば担当エージェントに相談しておきましょう。

見捨てられているのではなく「合わない」場合も

転職エージェントに見捨てられるのではなく、実は転職エージェントと「合わない」場合もあります。

そもそも自分と合っていないのであれば、どれだけ意欲を示したところで転職活動はうまく進みません。

合わない場合の対処法をみていきましょう。

合わないエージェントは変更する判断も大切

転職エージェントと「合わない」と感じたら、エージェントを変更するという判断も大切です。

合わない転職エージェントとやり取りを続けても、希望する求人を紹介してもらえなかったり、すり合わせが上手くいかなかったりといったリスクが生じます。

転職活動が長期化する可能性もあり、仕事をしながら転職活動をする方にとって効率的とはいえません。

「合わないな」と思ったら早めに判断して次に進むことを検討しましょう。

自分のペースで転職したいなら「転職サイト」を活用

転職の意志があっても、転職エージェントそのものの進め方に対して「合わない」と感じる方もいるでしょう。

自分のペースで転職活動をしたいのであれば、エージェントではなく「転職サイト」を活用することをおすすめします。

転職エージェントは担当がついて求人の紹介や企業とのすり合わせなどを行ってくれます。そのため、自分のペースでは進められないこともあるのです。

一方、転職サイトは自分で求人を探して応募や面接日の設定まで行います。「自分で探す」「自分でスケジュールを調整する」という部分に魅力を感じる方は、転職サイトが向いているでしょう。

転職サイトの中には、履歴書添削や面接のアドバイスなどを行っているところもあります。サポートがしっかりしている転職サイトなら、安心して自分のペースで転職活動ができるのではないでしょうか。

自分に合った転職エージェントを選ぶには

転職エージェントと一言でいっても、さまざまなエージェントサービスがあり、どこが自分に合っているか迷う方も多いでしょう。

自分に合った転職エージェントを選ぶために、複数のエージェントサービスに登録して比較することをおすすめします。

エージェントサービスごとにサービス内容や得意分野が異なることも少なくありません。また、担当者との相性もとても大切です。

複数登録は転職活動をするうえで珍しいことではなく、むしろ転職を成功させるために複数登録している方は多いです。

自分に合った転職エージェントに出会えば、見捨てられるリスクも回避できます。

転職エージェントには2種類ある

転職エージェントは大きく分けて「総合型」「特化型」の2種類があります。自分に合った転職エージェントを選ぶために、転職エージェントの種類を知っておくことも重要です。

複数のエージェントを比較する方法として、総合型・特化型の両方に登録するのもおすすめです。総合型と特化型の特徴を押さえて、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

総合型

総合型転職エージェントは、その名の通りあらゆる業界・業種の求人を扱う転職エージェントです。

総合型のメリットは、扱う求人数が多いところにあります。また、担当者もさまざまな業界・業種のキャリアプランを知っているため、今後のキャリアについての相談もしやすいでしょう。

自分でも気づかなかった向いている企業・業界に巡り合えることもあります。

特化型

特化型転職エージェントは、特定の業界・業種に特化したエージェントサービスです。

IT業界・女性向け・キャリア志向など、こだわりがある場合は特化型がおすすめといえます。

その分野に精通したエージェントが在籍しているため、的確なキャリアプランのアドバイスが期待できます。

まとめ

今回は、転職エージェントに見捨てられる原因や対策についてご紹介しました。

転職エージェントを上手く活用すれば転職の成功に一歩近づくことができます。

しかし、合っていない転職エージェントを選んでしまうと、見捨てられたり転職活動が上手く進まないこともあり得ます。

そのようなことにならないためにも、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

どの転職エージェントがいいかわからない・色々あり過ぎて迷ってしまうという方は、ぜひ転職エージェントを紹介するサービスをご活用ください。

きっと、あなたに合った転職エージェントが見つかるはずです。

チャレンジャー応援企業

激動の時代、企業も個人も、生き残っていくためには新たなことにチャレンジし続けることが必要不可欠です。
我々は、企業や個人の方々のチャレンジの原子を大切にし、気持ちよく新たなことに取り組めるよう、背中を押す企業でありたいと考えています。

商号 株式会社Atom
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋5-12-11
天翔新橋5丁目ビル 302
代表者 代表取締役社長 齋藤卓哉
チャレンジャー応援企業について