MENU

転職サイトとは?どんな人が向いている?転職エージェントとの違いも解説

転職サイトとは、インターネットで求人情報を見ることができるサイトのことです。

似たような会社に、転職エージェントというのがあります。

転職サイトと転職エージェントの違いは、意外と知られていないものです。

今回は、転職サイトと転職エージェントの違いや転職サイトが向いている人、転職サイトや転職エージェントの選び方について解説していきます。

転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職サイトとは?

転職サイトとは、インターネット上に企業が求人を掲載しているサービスで、転職希望者自身が求人を探し、応募して面接などを受けます。

希望や条件にあった企業を自分で探して応募でき、自分が探した企業の中から比較検討して応募することができます。

したがって、特に転職時期を決めていない人なども気軽に登録し、求人を確認することができるのがいいところです。

転職サイトによっては、特定の職種や業種に特化して掲載している会社もあります。

ただし似たような会社の転職エージェントは、面接対策や企業との面接などの日程調整を行ってくれますが、転職サイトではそのようなサポートを行っていない会社も多いです。

したがって、転職サイトと転職エージェントの違いをよく理解したうえで、利用していく必要があります。

「まずは転職サイトに登録」という転職者が多い

転職サイトは自分で希望や条件にあった企業を見つけて、応募していきます。

転職エージェントの場合は、希望や条件を伝えてそれにあった求人を紹介してもらい、応募の可否を決めてから担当エージェントが面接の日程調整などを行います。

つまり、担当エージェントから紹介された求人の中から選ぶ必要があり、他と比較してから決めたくても、面接を受けるかどうかをすぐに答えなくてはならないのです。

それに比べて、転職サイトは自分のペースで転職活動ができ、具体的に転職時期が決まっていなくても、どのような企業があるか情報収集したい人も気軽に使えます。

このようなことから、転職活動の初手として「まずは転職サイトに登録」という転職者も多いです。

転職エージェントとの違い

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、サポート体制です。

転職サイトは、登録してある企業の中から自分で希望や条件にあった企業を選び、面接などの日程も自分で調整していきます。

面接対策もなく、転職サイトにかかれているノウハウを参考に、自分なりに企業での面接をシュミレーションして臨んでいく必要があります。

一方、転職エージェントの場合は担当者が一人ひとり付き、転職のサポートをしてくれます。

登録後、希望や条件などを電話や面談での聞き取りがあるため、それをもとに担当者が条件に合った企業をいくつか休職者に提案し、基本はその中から選んでいきます。

もちろん、既に受けたい企業があれば、面談の際に相談することでサポートを受けられることもあるでしょう。

また、転職時の相談や履歴書の添削、面接対策、面接の日程調整なども行ってくれます。

それぞれの企業の情報も知っていることもあり、転職前に企業の雰囲気なども確認できます。

転職エージェントと比較!転職サイトのメリット

次に、転職サイトに登録することのメリットについてお伝えしていきます。

転職エージェントと転職サイトのどちらに登録をしようか、迷っている人は参考にしてみてください。

手軽に利用が開始できる

転職サイトのメリットのひとつ目としては、手軽に利用ができるということです。

転職サイトでは、あくまでも転職したい人が企業を探すための情報を出しているところです。転職エージェントのように、利用開始時の面談はありません。

転職を考えている人が自分で企業に応募するので、担当者とのやり取りなどもありません。

しかも、インターネットで好きな場所で好きな時間に、企業の情報を見ることができるという手軽さがメリットです。

自分のペースで転職活動ができる

転職サイトのメリットの2つ目としては、自分のペースで転職活動ができるということです。

転職エージェントなら手厚い転職サポートが受けられますが、言い換えれば自分のペースで転職活動をすることは難しいということになります。

それに比べて、転職サイトは自分で企業を探して、企業を比較検討して、自分のタイミングで応募ができます。

したがって、ゆっくり自分のペースで転職活動ができるのが転職サイトのメリットの一つです。

求人情報が豊富に掲載されている

転職サイトのメリットの3つ目としては、求人情報が豊富に掲載されているということです。

転職エージェントでは、非公開求人もありますが基本的には、担当者から提案された企業しか情報を取ることができません。

そのため、たくさんの非公開求人があっても見ることのできる情報は限られてきます。

しかし、転職サイトなら豊富にある求人情報を自由に見ることができ、数多くの企業を比較検討して、より自分の希望や条件にそった企業を選んで応募することができます。

転職サイトのデメリット

転職サイトのメリットに「手軽に利用できる」や「自分のペースで転職活動ができる」ということなどがあることついてお伝えしてきました。

転職サイトには、このようなメリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。

転職サイトのデメリットについても確認し、メリット・デメリット両方を踏まえた上で利用していくことが大切です。

デメリットを2つご紹介いたします。

企業とのやりとりや日程調整も全て自分で行う

転職サイトのデメリットには、企業とのやり取りや日程調整などを全て自分で行わなければいけないということがあります。

転職サイトを利用するときには、転職エージェントのようなサービスを受けられると誤解しないようにしましょう。

面接の日程調整などをしてくれるのは、転職エージェントの方です。

転職サイトは、気になった企業への連絡調整は、自分で行わなければいけません。

転職活動時には、企業とのやり取りや日程調整をする手間がかかります。

公開求人数が多いため求人探しに手間がかかる

転職サイトでは、求人情報が豊富に掲載されているのがメリットですが、それはデメリットにもなり得ます。

数多くの求人情報を見れるのはいいのですが、数が多いと比較検討する求人の数も多くなり、求人探しに手間もかかってきます。

そして、数が多すぎてなかなかどの企業にしたらいいか、決められなくなってしまう可能性もあります。

公開求人数が多いがゆえに、求人探しに時間がかけられない人にとってはデメリットとなることも覚えておきましょう。

転職サイトの登録から内定までの流れ

転職サイトの登録から内定までの流れは、以下のようになります。

  1. 転職サイトに登録
  2. 転職サイトに掲載されている求人情報や企業からのスカウトの中から、自分の希望や条件にあった企業を選定する
  3. 気になる企業に応募する
  4. 書類選考・面接を受ける(書類の送付や面接の日程調整は自分で行う)
  5. 内定
  6. 入社

転職サイトでは、掲載されている求人の中から自分で選び、自分で応募や日程調整をします。

入社までの交渉事(入社日や給料など)は転職エージェントであれば担当者が行ってくれますが、転職サイトではやってくれないので自分で行うことになります。

このように、登録から内定までの流れの中での、企業とのやりとりも転職サイトでは自分で行うことになります。

しかし、じっくり考えながら自分のペースで、登録から企業への入社まで進められます。

転職サイトと転職エージェント、どちらに登録する?

転職サイトと転職エージェント、それぞれメリットとデメリットがあります。

そのため、どちらに登録するか迷いますよね。

どちらの方がいいということは、一概に言えません。

それぞれの特徴を踏まえた上で、自分にあった方を選ぶのがおすすめです。

後ほど、詳しく解説していきますが、転職サイトに向いているのは、自分のペースで転職活動をしたい人になります。

一方、転職エージェントに向いている人は、転職時期が決まっていてプロのサポートを受けながら着実に転職をしたい人です。

人によっては両方に登録している人もいます。

自分はどんな風に転職活動をしていきたいのか、明確にしてそれにあった会社を選んでいくのがおすすめです。

転職サイトが向いている人

前述しましたが、転職サイトや転職エージェントを登録するのに、それぞれ向き不向きがあります。

まずは、転職サイトが向いている人について、解説していきます。

転職サイトが向いている人は、以下のようになります。

  • 職種や業種を限定せずに自由に求人を探したい
  • 現場で働きながらまずはどのような求人があるか見たい

転職サイトに向いているか、ご自分と照らし合わせながら見てみてください。

職種や業種を限定せず自由に求人を探したい

転職サイトは、Web上に掲載されている数多くの求人情報を、自分で自由に閲覧することができます。

一方転職エージェントの場合は、希望や条件に沿って担当者が探して提案してくれるので、エージェントから紹介された求人しか見ることができません。

もちろん「他の職種や業種のものも見たい」と言えば、候補に求人情報を出してくれますが、転職サイトのように自由には見れず、数に限りはあります。

さまざまな職種や業種の求人も見て、比較検討してから応募を決めたいという場合は、転職サイトの方がより多くの求人情報を見ることができるためおすすめです。

現職で働きながらまずはどのような求人があるか見たい

転職サイトは、とりあえずどのような求人があるか見てみたいという人にもぴったりなサービスです。

転職エージェントの場合は、転職することを前提で担当者との話が進みます。

転職エージェントに登録すると面談をし、気になった企業に連絡して面接の日程調整をしてもらい、面接を受けるという流れになります。

担当者から企業への印象や面接の日程などの連絡がくることも、しばしばあります。

転職がまだ具体的ではなく、どんな企業があるのか見てみたいという人にとっては、担当者からの連絡はストレスになったり、負担になる人も多いです。

一方、転職サイトでは全て自分で企業への連絡などをして、面接の日程も決めていくので、担当者から連絡が来ることもありません。

したがって、すぐに転職は考えておらず、求人情報をまず見てみたいという方には転職サイトはおすすめです。

転職エージェントが向いている人

一方、転職エージェントに向いている人は、以下のような人になります。

  • 転職活動にかかる負担を減らしたい
  • 短期間で効率良く転職を成功させたい

転職サイトは、じっくり求人情報を見てから、企業に応募したいという人に向いていますが、転職エージェントはより具体的に転職について決めて、早く転職したい人に向いています。

参考にしてみてください。

転職活動にかかる負担をできるだけ減らしたい

転職エージェントは、自分の担当エージェントやキャリアアドバイザーが、求人を探すところから面接の日程調整まで企業とのやりとりをすべて行ってくれます。

働きながら転職をする場合、思うように企業と連絡が取れなかったり日程調整で混乱してしまったりと、負担になることが多いです。転職エージェントなら、そのような負担を軽減することができます。

また、転職活動中に入社時期をずらしたり、給料についての交渉をしたいという場合も出てきます。エージェントの担当者が行ってくれるので、そこでの負担も軽減できるでしょう。

短期間で効率良く転職を成功させたい

転職をするにあたって、すでに退職日が決まっていたりする場合は、短期間で効率よく転職を成功させたいという人もいるでしょう。

それだけでなく、仕事しながらの転職活動はかかる負担が大きいので、早く終わらせたいという方もいます。

そんなとき、転職エージェントはある程度の転職時期を目安に、担当者が求人を探し面接の日程なども企業側と交渉してくれます。

したがって、利用する人は転職時期や希望する面接日などを担当者に伝えるだけで、短期間で効率よく転職をすることが可能です。

転職サイトと転職エージェントは併用がおすすめ

転職サイトと転職エージェントは、併用して使うということもできます。

転職サイトは、転職エージェントに比べてより多くの求人情報を得ることができます。

一方、転職エージェントでは転職活動で負担になるところを全てやってくれて、なおかつ履歴書の添削や面接対策、場合によってはキャリアプランなども相談にのってくれます。

転職サイトでみた求人を、転職エージェントに相談することもできる場合があります。

転職サイトと転職エージェントを併用して使うことで、両方の良いとこ取りができるのです。

転職サイトの求人をエージェントに相談することも可能

転職サイトは、数多くの求人情報を見ることができ、転職エージェントで紹介された求人より自分の希望にあった求人を見つけることも可能でしょう。

しかし、転職サイトの場合、基本的には自分で企業と連絡を取らなければいけません。「この求人を転職エージェントで紹介してもらえたらよかったのに……」と思ったら、思い切って担当エージェントに求人を見せて相談してみましょう。

転職エージェントは、提携している企業以外の求人を紹介することは基本的にできません。そのため、必ずしもうまくいくとは限りませんが、求人の好みを知ってもらうためにもやってみる価値はあるでしょう。

転職サイトが運営する転職エージェントもある

転職エージェントの中には、転職サイトを運営する会社もあります。

例えば、「doda」「マイナビ」「type」などがあります。

先述の通り、転職サイトで見つけた求人は、転職エージェントと提携していない企業であればエージェントのサポートを受けられません。

しかし、転職サイトと転職エージェントの運営元が同じ企業であれば、2社間での求人が共有されていることも多いため、転職サイトでみた求人を転職エージェントの方でお願いもしやすくなります。

大手の転職サイト・転職エージェントを利用するメリットの一つとも言えるでしょう。

転職サイトと転職エージェントの選び方のポイント

転職サイトと転職エージェントを選ぶときには、転職の目的や理由を明確にして、自分に合ったサービスを受けられるところを選ぶのが大切です。

転職サイトや転職エージェントによって、強みにしているサービスもさまざまです。

したがって、大手だから有名だからといった理由だけでなく、自分に必要なサービスが受けられるような会社を選んで登録しましょう。

自分にあった転職サービスを選んで、転職活動を行っていくことが大切です。

まとめ

今回は、転職サイトについて解説してきました。

転職サイトは、求人情報は多いものの、企業への連絡は自分で行わなければならず、転職エージェントは、基本は担当者から提案される求人情報しか見ることができません。

ただし転職サイトの中には、転職エージェントを紹介してくれるサービスをしているところもあります。

転職活動は、肉体的、精神的に多少の負担がかかる作業です。転職サイト、転職エージェントを上手く活用して転職を成功させましょう。

チャレンジャー応援企業

激動の時代、企業も個人も、生き残っていくためには新たなことにチャレンジし続けることが必要不可欠です。
我々は、企業や個人の方々のチャレンジの原子を大切にし、気持ちよく新たなことに取り組めるよう、背中を押す企業でありたいと考えています。

商号 株式会社Atom
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋5-12-11
天翔新橋5丁目ビル 302
代表者 代表取締役社長 齋藤卓哉
チャレンジャー応援企業について